生活

視力が悪い自分との付き合い方

視力が悪い自分との付き合い方

こんにちは、北沢です。
頭痛と動悸とドライアイに悩まされております。

もしICLをしなければ、ただ視力が悪いというだけで済んだ話なので悔しいです。

さて、今日は視力が悪い自分とどう付き合っていくのかを考えてみたいと思います。

生活するなかでどこまでの視力が必要なのか

視力に関する欲求は際限がありません。どの距離まで見えれば満足なのか、どれくらいハッキリ見えればいいのか・・・。仮にICLやレーシックをやって「仮初の視力」を手にしたところでその欲求は永遠に続きます。さらにクリニックが新しい手術方法を開発して、今よりもっとキレイに見えるとセールスされたら新しい手術に申し込んでしまう危険があるのです。

ではどこまでの視力があれば事足りるのでしょうか。

それは自分のライフスタイルと照らし合わせて考える必要があります。一昔前と違って、現代人はパソコンやスマホの画面を通して世界と繋がります。そうなると物理的な距離が近い分、遠くを見るための視力はそこまで必要ないようにも思います。今の子供たちが段々と視力が落ちているのはまさにこうした時代背景と共に必要視力が低下してきている現れでしょう。もちろん趣味や仕事によって視力が求められる場合がありますから一言では言えません。

とはいえ、自分の視力で今の生活が成立できているのであれば、必要視力はすでに足りているのではないでしょうか。視力が悪くて不便だったとしても大切なものは見えているはずです。

ひろゆきさんの視力に関する過去

2ch創設者ひろゆきさんは、最初に目指した職業はパイロットだったそうです。しかし自分の視力でパイロットを目指すことはできないと知り、彼はその道を諦めました。

もしひろゆきさんがパイロットになっていたならば日本には2chが生まれなかったし、日本で電子掲示板の文化がここまで浸透しなかったかもしれません。

こうしたことから視力が悪くて別の道を歩むことになっても、それは不幸なことではないですし、新たな道が見つかるきっかけになったりします。

眼をいじって無理やり視力を上げるという行為

どうしても視力を上げなきゃいけない事情があるなら別ですが、単純に「視力あげたいな」くらいの気持ちでICLなりレーシックを受けるのは、ただのこだわりであり、ただの「趣味」です。趣味で手術を受けたいという気持ちは大変危険なので一旦立ち止まってください。足るを知ることは何に置いても大切です。

まとめ

必要視力が果たしてどれくらいなのかを考えましょう。

 

ご質問、ご感想…コメント受付中!
なるべくお返事します。
個別相談はTwitterにDMしてください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。