生活

視力が悪い自分との付き合い方

視力が悪い自分との付き合い方

こんにちは、北沢です。
頭痛と動悸とドライアイに悩まされております。

もしICLをしなければ、ただ視力が悪いというだけで済んだ話なので悔しいです。

さて、今日は視力が悪い自分とどう付き合っていくのかを考えてみたいと思います。

生活するなかでどこまでの視力が必要なのか

視力に関する欲求は際限がありません。どの距離まで見えれば満足なのか、どれくらいハッキリ見えればいいのか・・・。仮にICLやレーシックをやって「仮初の視力」を手にしたところでその欲求は永遠に続きます。さらにクリニックが新しい手術方法を開発して、今よりもっとキレイに見えるとセールスされたら新しい手術に申し込んでしまう危険があるのです。

ではどこまでの視力があれば事足りるのでしょうか。

それは自分のライフスタイルと照らし合わせて考える必要があります。一昔前と違って、現代人はパソコンやスマホの画面を通して世界と繋がります。そうなると物理的な距離が近い分、遠くを見るための視力はそこまで必要ないようにも思います。今の子供たちが段々と視力が落ちているのはまさにこうした時代背景と共に必要視力が低下してきている現れでしょう。もちろん趣味や仕事によって視力が求められる場合がありますから一言では言えません。

とはいえ、自分の視力で今の生活が成立できているのであれば、必要視力はすでに足りているのではないでしょうか。視力が悪くて不便だったとしても大切なものは見えているはずです。

ひろゆきさんの視力に関する過去

2ch創設者ひろゆきさんは、最初に目指した職業はパイロットだったそうです。しかし自分の視力でパイロットを目指すことはできないと知り、彼はその道を諦めました。

もしひろゆきさんがパイロットになっていたならば日本には2chが生まれなかったし、日本で電子掲示板の文化がここまで浸透しなかったかもしれません。

こうしたことから視力が悪くて別の道を歩むことになっても、それは不幸なことではないですし、新たな道が見つかるきっかけになったりします。

眼をいじって無理やり視力を上げるという行為

どうしても視力を上げなきゃいけない事情があるなら別ですが、単純に「視力あげたいな」くらいの気持ちでICLなりレーシックを受けるのは、ただのこだわりであり、ただの「趣味」です。趣味で手術を受けたいという気持ちは大変危険なので一旦立ち止まってください。足るを知ることは何に置いても大切です。

まとめ

必要視力が果たしてどれくらいなのかを考えましょう。

 

ご質問、ご感想…コメント受付中!
なるべくお返事します。
個別相談はTwitterにDMしてください!

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    私も視力が悪くICLに興味をもっていろいろ調べているうちにこのサイトにたどり着きました
    あまり失敗談を聞くことがないICLも100%成功するわけではないことが確認できました
    一方で多くの人が成功しているのも事実だと思います

    おひとつお伺いしたのですが手術がうまくいかなかった原因は、手術と北沢様の相性が悪かったのでしょうかそれとも執刀医に問題があったのでしょうか
    北沢様はどうお考えでしょうか

  2. 北沢 より:

    >>匿名さん、コメントありがとうございます。

    そのご質問については答えを持ち合わせておりません。唯一客観的な情報源であったカルテも消失しているのでセカンドオピニオンを受けても核心に迫ることはできない状況です。そうした中で私の妄想だけでお答えするわけにはいきませんのでどうかご容赦ください。カルテ問題については以下の記事でご覧ください。
    https://icl-danger.com/archives/230

    すこし角度を変えて以下の私見を述べたいと思います。

    文面から察するに、匿名さんはおそらく手術を前向きに検討していて成功事例/成功確率を信じたいという想いがあるのだと思います。

    それが悪いというわけではありませんが、成功情報がネットに多く出回る理由を一度考えてみる必要があります。成功情報が多く出回るように仕組化されているのが理由の一つです。

    反対に、なぜ失敗情報が少ないのかということも考えてみる必要があります。ICL失敗に関して情報発信している人間は私含めて国内で数人です。しかし、多くのICL経験者と交流してみて、ネットに上がってないだけで失敗の件数は少なくない状況でした。GoogleやYouTubeの検索結果だけではこの事実にたどり着くことは出来ません。それはなぜかというと、失敗を経験されている方にとしては「言い出しづらい」「不安」「だれに相談していいかわからない」「自分だけが特殊なのかもしれない」といった心理的側面が介在しているからです。このような中で表立って公表していくのはハードルが高い言わざるを得ません。失敗された方全員が情報開示に積極的かと言われるとそうではないからです。

    このことから、成功と失敗は発信することのハードルが違っているということがわかります。それは自ずと情報量の差につながってきます。

    匿名さんが何を信じるのかは自由です。いろんな情報や考え方がある中で「ICLをやらない自分の人生を信じる」というのも一度考えてみてはいかがでしょうか。

  3. 匿名 より:

    返信ありがとうございます

  4. りんご より:

    初めまして。
    最近ICLについて聞くようになり、気になっていたところです。ICLは角膜を削らないし、レーシックと違って安全なのかと思っていましたが、まったくそうではないようですね。
    私も子供の頃から視力がかなり悪く、一度レーシックも考えましたが、知人がレーシックを受けた後にハロ・グレア現象に苦しむようになったのを見て思いとどまりました。

    レーシック手術を検討した際にパンフレットを請求したところ、芸能人の成功談で埋め尽くされていました。
    ICLもまったく同じようなことが行われているようで、なんだかなと思ってしまいます。

    視力の悪い自分との付き合い方、参考になりました。
    多少不便があってもコンタクトと眼鏡で生活出来ているのなら、わざわざリスクを取って手術することもないですね。
    今の状態に満足して、出来るところまでそのままの自分の目と生きていきたいと思います。

    役に立つHPを作って下さり、ありがとうございます。
    北沢さんの目の状態が良くなりますようお祈りしております。

    • 北沢 より:

      >>りんごさん、コメントありがとうございます。
      お役に立てて幸いです。また、ご声援に心より感謝申し上げます。

      最近、次のメガネは何にしようかなーと物思いにふけるときがあります。そういう楽しみを見出すことも、低視力とうまく付き合っていく秘訣なのかもしれませんね。

  5. らっぱ より:

    はじめまして。
    近いうちに白内障手術で眼内レンズを入れる者です。
    ICLと似たような手術だと思うので他人事とは思えず拝見しました。
    自分の場合は、もし狙った焦点とかなりのずれがあった場合などに入れ替えが起きると思います。
    そのときは、ICLと同じく、当初の切開部をもう少し広げてレンズを砕いて摘出と入れ替え。

    さて、北沢さんは摘出後にドライアイがひどくなっておられます。当初書いておられた摘出後に悪化した乱視の調子はいかがでしょうか?

    ドライアイがあると見づらくなるのでしょうか?これが眼精疲労につながるのでしょうか?

    頭痛と動悸は眼精疲労に伴うひどい肩こりから発生しているのかな、と想像しています・・。
    もしかしたら、肩こりのほうをメンテすると体は楽になる方向には向くかもしれません。

    あと、ある眼科クリニックで白内障術の後にひどいドライアイが続き、レンズを摘出したいという方がおられたそうです。そのときムコスタ点眼?という目薬を処方したら、ようやくドライアイに効果が出たとありました。
    眼科で処方してもらってみてもよいかもしれません。

    • 北沢 より:

      >らっぱさん、コメントありがとうございます。

      私の状況としては、ICL摘出後の乱視は未だ悪化したままです。この乱視は切開した角膜の変形によるものなのでもう治らないかもしれません。また、ドライアイが直接眼精疲労に影響しているわけではないと思います。レンズ選定ミスによって強い負荷がかかり、自律神経の乱れた結果なのだと考えられます。
      https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/symptom/37_ganseihirou/

      その一方で現在、ドライアイによって角膜の表面がただれて視界が霞むようになってきたのも事実なので早急に治療しなければいけない状況になっています。

      以前眼科に行ったときはジクアス点眼を処方されましたが私には効果はありませんでした。
      https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/series/drug/update/201101/518001.html

      ムコスタ点眼は初めて知りました。今度眼科で聞いてみたいと思います。情報提供に大変感謝申し上げます。

      らっぱさんの白内障手術が成功することを心より祈っております。

      • 匿名 より:

        北沢さん

        こちらこそ、ブログやコメントで色々情報をいただきありがとうございました。

        自分は首肩コリがひどいのですが、スワイショウでずいぶんましになりました。
        とてもしょうもない体操のように思えますが今までやったどの体操より効果出ました。

        日常の健康維持には500回、病気を治したければ1000~2000回だそうです。

        眼精疲労と首肩コリは密接に関係します。
        よろしければお試しください。

      • らっぱ より:

        匿名  こと らっぱでした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。