注意喚起

11月の注意喚起【ICLアフィサイト注意】

11月の注意喚起【ICLアフィサイト注意】

こんにちは、北沢です。

昨今のICL業界では、偏った情報を流し利益を得ようとする業者やアフィリエイターが跳梁跋扈しています。そこで定期的に私の方で注意喚起を行い皆さまの健康を守ろうという企画を始めました。11月は以下の1件についてピックアップします。

『眼科治療ナビ』のドクターQ&A

ICL手術で失敗しました。
こちらのページのなかに以下の文言が記載されていました。

【質問】ICL手術で目に手術の傷は残りますか?現在、視力の低下に伴い、ICLを検討しています。様々な記事をネットで確認しましたが、不安がまだ残っています。そのうちの1つが、傷です。ICLを受けたら、目に傷は残りますか?もし、残るなら他の手術を検討したいと思います。

【ドクターEYEからの回答】結論から言えば、最終的に傷は残りません。ICLは、別名眼内コンタクトレンズとも言われています。言葉の通り、目の中にレンズを入れる手術のため、当然ですが、切開することになります。この傷が、ずっと残ったままになるのでは?と心配になるのも当然だと思います。ICLでは、3mmほど切開するのが通例ですが、その傷は1週間程度できれいになります。つまり、傷は残りません。もちろん、切ったあとは充血したり、出血したり、不安をいただくことはありますが、最終的には傷が塞がるので心配はいらないでしょう。ちなみに、ICLを検討する人は、レーシックもあわせて検討する人が多いようです。ICLのほうが優れているという記事なども見ているかもしれませんが、ICLはレンズを入れるだけなので、自分に合わなければ術前の状態に戻すことも可能です。その際には、再度手術が必要になりますが、同じように傷跡は残らないので安心してください。不安な部分があれば、担当医師に相談してみることをおすすめします。https://navi-lasik.net/question/icl%e6%89%8b%e8%a1%93%e3%81%a7%e7%9b%ae%e3%81%ab%e6%89%8b%e8%a1%93%e3%81%ae%e5%82%b7%e3%81%af%e6%ae%8b%e3%82%8a%e3%81%be%e3%81%99%e3%81%8b%ef%bc%9f/

私はICL手術を受けた者として、
このQ&Aをきっぱり否定します。

傷は残ります。

角膜の傷のために今もドライアイで苦しんでいます。

しかも「術前の状態に戻すことも可能」と語っているようですが、嘘は良くないですよ。旧神戸神奈川アイクリニックのICL手術の同意書では後出しじゃんけん的に「必ずしも元の状態に戻るとは限りませんが、レンズを取り除く手術を行うことで手術前に近い状態に戻すことは可能です」と書かれてあります。

ICL手術 失敗
ICLレンズ摘出/角膜損傷【クリニックの詐欺の実態】ICLレンズ摘出/角膜損傷【クリニックの詐欺の実態】 こんにちは、北沢です。 今日はレンズの摘出手術について書きます。 ICL...

さらにいうと、私が2010年のころ、レーシックの適応検査のため品川近視クリニックを訪れた時、医師がいうには「角膜は血管がないため完全にくっつかない」と語っていました。

ICL手術 失敗
レーシックを断念した思い出【レーシック全盛期】レーシックを断念した思い出【レーシック全盛期】 こんにちは、北沢です。 今日は私がICLを受ける以前にレーシックを検討したときのお話...

これが現実です。こういったサイトはユーザーを誤認させるので大変危険です。(そもそも回答しているドクターEYEって何者なのかという問題もあります。架空のキャラなのか、それとも実在の医師が匿名で回答しているのか。でも匿名にしなきゃいけない理由は何なのか?)

皆さん気を付けてください。

『眼科治療ナビ』の運営元は以前から問題が指摘されていた

眼科治療ナビの運営元のページではこのような情報が公開されていました。

ICL手術で失敗しました。https://navi-lasik.net/company/

運営元 比較市場(運営責任者:樵 祐三)
住所 〒060-0061
札幌市中央区南1条西16丁目1番323号 春野ビル3F
E-mail info@hikakuichiba.com
電話番号 050-7303-9348
事業内容 ウェブサイト制作

これを見る限り医療関係者ではない人が情報発信しているようですね。
では、この「比較市場」とはいったいどのような会社なのでしょうか?さらに調べてみたところ、Yahoo知恵袋で次のようなページが見つかりました。

ICL手術で失敗しました。

【質問】比較市場、比較ナビとかいうステマサイトの運営元はどこなんでしょうか? これらのサイトはすべて「比較市場」というところが運営元なのですが、どうみてもステマサイトですよね。 私はこのようなサイトが許せないのですが、比較市場を運営している会社をご存知の方は教えていただけないでしょうか?

(中略)

【回答】この件、数年前からネット上で問題になっています。 「某会社は外部業者に頼ってランキングサイトで大量に自社にリンクを貼って、ステマを繰り広げている」と。 ここに同じような指摘があります。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11166536346
各ランキングサイトをたどっていくと、
運営元: 比較市場
代表 中西ミエ
所在地: 〒060-0061 札幌市中央区南1条西16丁目1番323号 春野ビル3F
にだどりつきます。https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10177188650

どうやら4年前からずっと問題があったようで、やはりステマサイトの運営者という疑いがあるようですね。ということは『眼科治療ナビ』はどこかで収益が発生する仕組みがあるとみて間違いないでしょう。もう少し調べてみます。

『眼科治療ナビ』はアフィリエイトサイトだった

ランキングから品川近視クリニックにアクセスしてみると・・・

ICL手術で失敗しました。 ICL手術で失敗しました。

やはりアフィリエイトコードがありました。品川近視クリニックのリンクを踏むとURLにUTMパラメータが設定されています。これは検索エンジンに対しアフィリエイトリンクであることを伝えるスニペット(ソースコード)のことです。

これらのことから、結論として『眼科治療ナビ』はアフィリエイト収益を目的とするサイトだと考えられます。基本的にアフィリエイトサイトは成果報酬なのでユーザーに対してメリットを強調し成約につなげようとさせます。

私はICL失敗で大きなハンデを背負ってしまった経験から、皆さんには私のような経験をしてほしくないと思っています。

そのため医療・治療など他人の人生に大きく関わるテーマで儲けようとする人が存在することを伝える活動を続けています。皆さんがアフィリエイト誘導に惑わされず、その目で真実を見分けていっていただけることを心から願っております。

 

ご質問、ご感想…コメント受付中!
なるべくお返事します。
個別相談はTwitterにDMしてください!

POSTED COMMENT

  1. えるも より:

    北沢さま

    私も視力回復をしたいと思いここにたどり着きました。でも、このブログを読んで最悪の場合のことを考え、現状維持(ほぼめがねand時々コンタクト)で過ごしていこうと思いました。コンタクトは一日中つけると目が乾いてしまい、次の日からはメガネの方が楽なのです。おすすめの目薬も掲載してくださって、ありがとうございます。その目薬は試したことがないし、極力目に優しく自分が使いやすいメガネがいいかなと思います。
    見た目を気にする時、温泉のときはコンタクトが便利ですが…

    北沢さま、お身体に気をつけてくださいね。^ ^

    • 北沢 より:

      >>えるもさん、コメントありがとうございます。

      お役に立ててうれしく思います。めがねとコンタクトはシチュエーションによってすぐ交換できるので便利ですよね。種類がたくさんあるのでご自身に合ったものがきっと見つかると思います。

      ご声援こころより感謝申し上げます。

  2. レオ より:

    北沢さま

    私は今学生で、将来お金を貯めてICLをしようと考えていましたがネットでICLのリスクなどを調べていくうちにこちらのブログにたどり着きました。
    ネットではICLの良さがたくさん書かれていて分かりませんでしたが、このような怖いこともあるのだと知ることができました。
    私は今家族や友達の中でも1番視力が悪く、度のきついコンタクトとメガネを使っています。裸眼だと人の顔も見えません。この視力で将来に対する不安もありました。毎晩泣くこともありました。ですが北沢さまのブログでの記事を読んで考え方が変わってきました。
    目の大切さを一番に考え、将来はメガネとコンタクトだけで生きていこうと思えました。ありのままの自分の目を大切にしようと思えました。
    本当にありがとうございます。助かりました。

    北沢さまの目の状態が少しでも良くなりますよう祈っています。

    • 北沢 より:

      >>レオさん、コメントありがとうございます。

      お役に立てて良かったです。
      最近のメガネとコンタクトは種類が豊富なのでレオさんに合うものがきっと見つかると思います。そして、健康を大切にしていればきっと幸せに過ごせると思います。レオさんが幸せであればご家族もご友人も幸せだと思います。これからもどうか健康を大事になさってくださいね。ご声援心より感謝申し上げます。

  3. 無名 より:

    北沢さま

    近々ICLかレーシックを受けようとしていたので危なかったです…。こちらのブログを読んで助かりました。ありがとうございます。
    質問なのですが、北沢さまはナイトコンタクトについてはどうお考えでしょうか?やはりこちらも危険でしょうか?

    • 北沢 より:

      >>無名さん、コメントありがとうございます。

      お役に立ててよかったです。
      私がICLを受ける前、ナイトコンタクトの存在を知り検討しましたが、強度近視の人は適用外だったので候補から外れました。もし私にも適用していたら試していたと思います。

      ただ、危険性については、正直わかりません。コンタクトの衛生管理を徹底することと、やはり角膜に影響を与える物なのでノーリスクというわけにはいかないでしょう。実際に使用している人のブログ等があれば参考になるかもしれません。くれぐれもアフィリエイト目的のブログにはご注意ください。

      • 無名 より:

        返信ありがとうございます。

        調べてみましたが、私も強度近視なので無理かもしれないことが分かりました…。わざわざすみません。

        何度も質問してしまい申し訳ないのですが、私も裸眼視力が0.1未満で将来にとても不安を感じています。夜寝られないこともあるぐらいです。
        恥ずかしながら北沢さまに励ましのお言葉をかけていただきたいと思っております。
        変なことを頼んでしまい申し訳ございません。

        • 北沢 より:

          >>無名さん、コメントありがとうございます。

          私からぜひお伝えしたいことは「視力がある今この瞬間を大切にする」ということです。

          私自身、不安がまったく無いわけではありませんが、だからこそ”視力がある今この瞬間”を大切にしようと思えるようになりました。「明日やろう」とか「いつか時間ができたらやろう」と先延ばしにしていたことを視力がある今のうちに出来る限りやるようになりました。コロナが明けたら旅行にいって観たい景色を観に行こうと思います。

          また、仮に近視が今以上に進んでしまったとしても、聴力や嗅覚、触覚、歩行機能など、他の身体機能が弱った視力を補ってくれます。そしてご自身に出来ることをやっていれば、きっと周りの人達も支えてくれるでしょう。人生を決めるのは視力だけではありません。

          もし視力のために免許証が更新できなければ徒歩と自転車の生活に切り替える予定です。遠くを見る仕事ができなくても机の範囲で出来ることがあればデスクワークをやります。私がこうした状況になったとしても、それはそれで人生の1ページなので不幸なことではないです。

          幸せは無名さんのすぐ隣にいてくれていますので、これからもどうか大切になさってください。

          • 無名 より:

            北沢さま

            本当にありがとうございます。ずっと悩んでいたものから救われました。
            人生は視力だけではないですよね。ようやく気づけました。
            本当にありがとうございます。

            北沢さまの目の状態が少しでも良くなりますよう祈っております。

        • ノリノリ より:

          突然のコメントですみません。私は、33年間近視で、視力が0.1以下でしたが、現在、自力で回復を図っているものです。
          近視の人全員が全員ではないですが、私自身の実感としては、近視からの視力回復は、可能だと考えます。私は、以下のブログを支えに、夜は毎日星を見るという形で、視力回復を図っています。よかったら、ご覧になってみてください。

          https://atumori.biz/entry/2016/09/18/064656/

  4. ノリノリ より:

    上記のメールは、無名さん宛てに書きましたが、他の方達も良かったらご覧になってみてください。

    • 無名 より:

      ノリノリさま

      わざわざありがとうございます。ブログ見て少し希望が出てきました。私も夜は星を見てみようと思います。
      本当にありがとうございます。

  5. ノリノリ より:

    北沢さま 突然のコメントですみませんでした。
    私も自力回復を始める時期に、ICLを検討しました。ICLがあるのに自力で頑張るメリットがあるのか?と考えたのです。
    が、私自身の目の状況では無理であることがわかり、また、北沢様のブログを見て、綺麗さっぱり何の未練もなく、ICLはなしとすることができました。
    加えて、業界の恐ろしさも知ることができました。
    ありがとうございます。
    北沢様の目が少しでも良い方向に行きますようにお祈りいたします。

    • 北沢 より:

      >>ノリノリさん、コメントありがとうございます。

      お役に立てて何よりです。
      ICLやレーシック業界は、患者を使ってお金儲けしよう考えている業者がたくさん存在していてとても怖いですね。これからもブログやTwitterを通じて注意喚起を行って参ります。また”自力で視力回復”の情報をシェアしていただきましてありがとうございます。私も参考にしたいと思います。ご声援こころより感謝申し上げます。

      • ノリノリ より:

        北沢様
        先日投稿したものです。
        北沢様のツイッターを見て、改めて、辛くなりました。
        是非、自力の視力回復を試みてください。せめて、視力が上がれば、違ってくると思います。

        • 北沢 より:

          >>ノリノリさん、お世話になっております。

          希望を捨てずに視力回復の道を模索していきたいと思います。ありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。