提案/考察

ドライアイ・頭痛を緩和させるアイテム3選【レーシック/ICL難民向け】

ドライアイ・頭痛を緩和させるアイテム3選【レーシック/ICL難民向け】

こんにちは、北沢です。

ICL手術で失敗してから3年の月日が流れました。正直、現在も治っておりません。現実と格闘する毎日です。3年経過した現在の症状は別記事で書きますが、今日はそんな日々を支えてくれているアイテムを皆さんにご紹介したいと思います。

コメント欄を拝見していると北沢と同じ悩みをもつ方々が多いようで、とくにドライアイと頭痛で悩まされている人が多いという印象を受けました。

そこでドライアイと頭痛を緩和できるアイテムを3つご紹介します。これはレーシックで悩んでいる方にも有効だと思います。北沢の実体験を交えてご紹介します。

第1位:ドライアイ向け目薬「スマイルコンタクトEXドライテクト12ml」

ICL失敗以後、朝起きたら眼球がカピカピになってしまいました。そこで毎朝「スマイルコンタクトEX ドライテクト12ml」で眼の水分補給をするところから北沢の1日が始まります。潤いが長時間つづく“ねっとり感”と、目にやさしい防腐剤無添加という特徴をもち、今でも北沢を支えてくれる大切なアイテムのひとつです。北沢が外泊のとき、この目薬を忘れてしまった場合はすぐさまドラッグストアに駆け込み購入します。それくらい手放せません。コンタクト使用者はもちろん、それ以外の方にもおすすめできるアイテムです。また、レーシック被害者のなかにはドライアイで悩んでいる方も少なくない状況です。そういった方々にもおすすめできる商品です。すでに治療用に目薬を使用している場合は併用可否についてご注意願います。

第2位:ツボ押し本「症状別に効くツボ図鑑74」

レンズ抜去後、かなりの頭痛と眼精疲労が1カ月ほど続きました。そんな中「症状別に効くツボ図鑑74」という本に出会い、内容通りにツボを押しました。”わらにもすがる”とはこのことでした。押した個所は鈍い痛みが走る。でも不思議なことに、頭痛と眼精疲労が軽くなったのです。本当に不思議なのですが実体験です。もしこの本がなければ、この本に出会うことができなければ、もしかしたらレンズ抜去後の1カ月間を乗り越えることができなかったかもしれません。頭痛や眼精疲労はレーシック・ICL被害者共通の悩みだと思います。下に北沢が試して効果があったツボ押し方法を載せました。ぜひお試しください。

【この本の活用方法】
本が用意できたら次の手順でツボ押しを行ってください。
P28「前頭葉」→P72「疲れ目」→P174「老眼」

第3位:頭痛薬「ロキソニン」

ICL失敗直後~レンズ抜去までの期間、天地がひっくり返るほどの痙攣・頭痛・動機が起こりました。そのときに神戸神奈川アイクリニックから処方されたのが頭痛薬「ロキソニン」でした。これを飲めば6時間だけ頭痛はキレイに消えます。ただし薬物ですので使いすぎると副作用の恐れがあります。用法用量を守って正しくお使いください。※Amazonから購入するためには薬剤師の確認が必要です。

まとめ

以上、北沢の3年間を支えたアイテムのご紹介でした。私の実体験からおすすめできる物です。レーシック/ICL難民の方、ドライアイと頭痛を持っている方には試していただきたいです。ただし薬は絶対的に安全ではありません。用法用量を守って正しくお使いください。
ご質問、ご感想…コメント受付中!
なるべくお返事します。
個別相談はTwitterにDMしてください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。